笹しぐれ

私達の生活に関わりの深い竹は、そのたわやかさ、すくすく伸びる水々しい緑と共に、忘れがたい身近な存在のひとつでございましょう。陰暦三月の異名は竹秋、三〜四月になると地中の筍を育てるため、竹の葉は黄ばみ、やがてさらさらと地表に落ちて参ります。このさまを、誰がよんだか「笹しぐれ」。この美しい語韻に魅せられ、“時雨”をもとに「笹しぐれ」と名づけたお菓子を作ってみました。
1,080円(税込)

神奈川県は税込5,400円以上で送料無料

配送・お支払いについて

●賞味期限

3日

●特定原材料

●特定原材料に準ずるもの

一部店舗のみの販売となります。
オンラインストアでのお取り扱いはございません。

鎌倉の味 鳩サブレー 豊島屋